山代温泉 べにや無可有 特別室 若紫

 古事記や日本書紀に登場する伝説の三本足の霊長ヤタガラス(日本サッカー協会のシンボルマーク)。1300年以上前に高僧の行基が霊峰白山へ修行に向かう途中に、羽の傷を癒している水たまりを見つけたのが始まりで、それが山代温泉として今に受け継がれています。
 永禄8年(1565年)5月、傷を負った明智光秀もまた湯治のため、10日間にわたってこの山代に滞在したと伝え残されています。光秀をはじめとした京の都の人々までもが山代の温泉を知り、まさに全国からいろんな人が集まったということです。また「山代の いで湯に遊ぶ楽しさは たとえて言えば 古九谷の青」と詠んだ与謝野晶子の心をとらえ、「夢もおぼろな山代温泉」そんな言葉を記した泉鏡花の思いを揺らせ、そして食の世界・陶芸の世界でその名を知られる北大路呂魯山人の遊び心を刺激せずにはおかなかった場所と言うことです。
 そんな自然の山庭を囲むようにして建つ別荘のような宿。
 外の風景が流れ込んで来るような開放感あふれる造りになっています。客室はわずか17室で、全部屋に山庭に面した源泉露天風呂が付いています。「無何有」とは 何の作為もないただ自然なこと。荘子の言葉がそう語るように、自然の癒しによって無心を取り戻すことを主眼に置いた宿で、静かで山裾に木陰に隠れるようにあります。

 「無可有」のコンセプトの通り、華美な装飾は極力避けた落ち着いた宿です。ただ昭和3年創業の「べにや」のリニューアルなので、団体客が闊歩していたであろう古の建物やコンクリート片が所々にあり、目に触れることになります。 

 客室は和室、洋室、和洋室、特別室という構成になっており、今回は予約がなかなか難しいという若紫に宿泊しました。

エントランス 森深い佇まい
方 林
円 庭
窓側を臨む 竹細工風のリビング
ダイニングスペース 和室(奥にもう一部屋)
寝室(ノートパソコン常備) 客室全体

開放的に切った窓

  • ロビー入ると中庭が陽光眩しく煌めいています。ここでウェルカムジュースが出ましたが、絞りたてだったのでフレッシュそのものでした。
  • 特別室の構成は寝室、ダイニングスペース、リビング、10畳の和室とクローゼット風の部屋、その他にシャワールームや露天風呂スペースと言ったところで、面積は100平方メートルあります。寝室と和室は障子で間仕切りをしてありますが、天井部分は開けてあるので、部屋の重苦しさはありません。リビングとダイニングが直線的に繋がり、大きな窓も相まって開放的です。
    使い勝手としては改善が必要な部分があります。10畳の和室にはひとつでもいいので開口部が欲しいところす。ダイニングスペースは広々としているものの、背もたれががあればなお一層リラックス出来ます。
  • 室内の彩りも無彩色を基本にしており、装飾類も僅かに留めているので、非常に落ち着いた造りになっています。50インチのプラズマがありますが、殆どの時間は籐の椅子に腰掛け、ただただ外の緑を愉しむ趣向で時が刻まれました。
  • 客室から見下ろす薬師山が素敵な散歩道になっています。また大きく切った窓も全開できるようですが、虫の飛び交う季節だったので、散策することも窓を開けることも叶いませんでした。また季節を変えて伺ってみたいものです。
鮑やわらか煮 白山氷室 凍結酒
加賀橋立港の毛蟹 のど黒炙り
冬瓜釜 平目そぎ造り
若鮎を炭火で 加賀野菜炊合わせ
合鴨つみれ鍋 牛乳葛豆腐と加賀梨/桃太郎

  • 食事は夕食、朝食とも客室内のダイニングでとります。
  • 夏の懐石風の料理は地物を中心としています。手取川名流大吟醸の一献から始まり、前菜やお造りの平目や毛蟹は加賀の橋立港から水揚げしたものが供され、新鮮そのものでした。冬瓜を器にしたお吸い物は淡い出汁が程よくきいてで素材の旨味を堪能することが出来ました。強肴は鱧のしゃぶしゃぶと合鴨つみれ鍋を選択出来、その後の鍋は雑炊になるので、まさに〆にぴったりでした。
    妻は川魚の鮎が駄目でしたが、直前の申し出にもかかわらず、のど黒に変更してもらったために美味しくいただきました。
    全体的に上品で細やかな手仕事がされており、別注した活蛍烏賊沖漬の他、追加料理も10品ほど用意されているので、質量共に満足いく夕食になると思います。
  • 食前酒の手取川大吟醸を始め、凍結酒の白山氷室など幾つか地元酒をいただきましたが、味わいはもうひとつでした。ワインリストもありましたが、和食を考えれば、近県の日本酒も揃えて置いてあればより一層宴も華やいだことになったでしょう。

  • 客室内のシャワールームは開口部により陽射しのシャワーも一緒に楽しめます。
  • 露天風呂は循環形式の温泉で、何時でも適温に保たれています。バルコニータイプですが、広さは十分にあります。手前の樹木はモミジが多く植えてあるので、新緑の季節、紅葉の季節は彩りを愉しんだ湯浴みが出来そうです。
  • 有名な方林(朝はヨガの場)や円庭の他にライブラリーや品のいい物が置かれたショップもあります。適度に巡る場があるので、宿から出ることなく「ぶらり」が楽しめます。
緑眩しいシャワールーム
新緑が眩しい露天風呂
水場 2ボウルタイプの化粧室
備付け冷蔵庫

ライブラリー内
  • より一層いい旅館になることを期待して、サービス面での課題を考えます。
    まず第一に残念に思ったことは出迎えが無かったことです。エントランス付近に車を駐めていましたが、誰も現れません。ロビーまで荷物を運ぶ合間に数人とすれ違っても特段反応がありませんでした。第二にチェックアウトする際、別客室の土産も一緒に計上されてありました。こういった事はどちらも初めてです。

  • 実は今回宿泊前から支配人の方に部屋付き仲居さんの件でお願いしておきました。
    それにもかかわらず、食事の時刻は都合に合わせようとしたり、客室に出入りする機会や留まる時間が多すぎたりして、静かに篭もれなかったような気がするのが惜しまれます。

    仲居さんのを言葉を借りれば、「15年以上前(前身の宿)から勤め、向こう10年は頑張る」という話でした。個人客をターゲットに研ぎ澄まされたハードが出来上がりつつあるようですが、ソフト面は昔のままを引き継いでいる感は否めません。
  • 出発点が無可有でなかった以上、昔ながらの習慣や仕来りが染みつき、接客態度などの意識改革は難しいものがあるようです。ただ若女将さんが笑顔を絶やさずに盛んに声をかけてくれ、スムーズに事が進むように指示をしたり、次に繋がる案内をしたりしていました。
    彼女の見据える先にあるもの、考え方が浸透していくことで、必ずやハードとソフトの融和が図れていくことと思います。
  • 日を追う毎に、より洗練されて気持ちのいい空間が広がっていくことを願ってやみません。

  • 宿泊日 陽射し柔らかな薄暑
  • 参考価格 49500円   
  • べにや無可有の予約
夕食 客室 風呂 サービス 清潔感
夏の懐石 広い開口部 一緒に森林浴 宿は人 昔の面影
選択の幅/個人に対応 シンプルで整然 掛け流しなら○ 様々なスポットあり 客室内はOK

 近場のお勧めスポット
  • 九谷焼資料館
    日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています。鑑賞にはいい資料館です。
    しかしながら器は食材を入れてなんぼのもの。絢爛豪華な九谷焼は購入には躊躇います。
  • 山代温泉 総湯 古総湯
    山代温泉の総湯がリニューアル。外観は加賀地方の民家を思わせる落ち着きのある佇まい。平成22年の秋には、明治時代に建てられた総湯を復元する「古総湯」が誕生。

ページトップへ