オーベルジュ ドゥ オオイシ  スイートルームB
香川県 高松市

 
2Fの屋上デッキから瀬戸内を眺める
高松市街地、女木島や男木島が広がる。 
朝夕の散策が愉しい 
ホテルの中庭 
 
 
客室はスイートルーム B 西日が眩しかった 
奥にツイン 
 
浴室周辺は白で統一 
 
使用しているのは今治タオル 
   
 
朝食はこのテーブルで(テラスでも可能) 
必要なものは一通り揃っている 
   
客室の玄関付近にはBOSE 
天井が高いので開放感一杯 
 
テラス 
 
刻々と変わる瀬戸内と一体となったリビングルーム 
小豆島に向かうフェリーだろうか 
   
朝食は野菜or果物が選べる 
シンプルな朝食。手作りパンとマーマレードなどが並ぶ。 
 

  • 屋島の突端に向かって細道をゆっくり走った先にあるオーベルジュ ドゥ オオイシ。開放的な海に面した白亜の建物が眩しい。レストランは道を挟んだ反対側。森に包まれた素敵なロケーションだ。
    客室やテラスと海が一体になっている。行き来する船を眺めたり、高松市街の夜景を楽しんだり…。テラスに出れば、海風が心地よい。
  • 客室は5室(広めのBが4室、やや狭いAが1室)のみ。テラスを含めて100㎡ほどのスイートルーム。ベッドルームとリビングと化粧室、そして浴室。化粧室とクローゼットが軽いパーティションになり、優しい色合いのテラコッタが敷き詰められ、客室に仕切りが無い。浴室からの階段は屋上デッキに繋がっている。浴室とシャワーが別にある。
  • 静寂な佇まい。白を基調にしているので、清々しい。機能的にドアの開け閉めをすることなく、リビングにベッドに行き来できる。ここで数日滞在して、戯れていたくなるような居心地良さを感じる。
  • 朝方は砂浜に降りて散歩。サンダルが置いてあるので、涼しげな風を受け、波と戯れながら平穏な海を眺められる。
  • ディナーはこちらを参照
  • 参考価格…36500 
夕食 客室 風呂 サービス 清潔感

 

ページトップへ